Enhance the YEG for Next

松戸商工会議所青年部会長 得居 僚

松戸YEGメンバーの皆様、いよいよ令和2年度がスタートいたしました。

まず初めに、新型コロナウイルス感染症により犠牲となった方に心より哀悼の意を表しますとともに、治療中の方の早期回復を心よりお祈り申し上げます。そして、一刻も早くこの事態が収束に向かうことを祈念いたします。

近年、松戸市では、長年にわたって松戸駅前のシンボルであった百貨店が閉店し、また、市民が親しんできた公設市場の一つが閉鎖する等の事態が起こり、地域に活気がなくなってしまうのではないかと危惧されていた方も多かったかと思います。
しかし、これらの跡地には、昨年中に相次いで大型商業施設が開業し、新たな松戸のシンボルとなるよう、市民から大きな期待が寄せられています。
かつて親しまれていたシンボルを懐かしみながらも、新たな可能性を盛り立て発展させていく市民の姿勢からは、多くのことを学ぶことができます。

私たちが所属している松戸YEGは、満20歳から50歳までの者に会員資格を限定しています。すなわち、会の存続のためには、毎年新たなメンバーを迎え入れることをしなければならないことが自明の理となります。そして、新たなメンバーを迎え入れてきたことこそが新陳代謝を生み、発足以来28年間にわたり松戸YEGを活性化させてきたのだと思います。

「今日の成果は過去の努力の結果であり、未来はこれからの努力で決まる。」という言葉があります。
発足からこれまでの間、松戸YEGの基礎をつくり、発展させ、存続させてこられた先輩方に感謝と敬意の念を抱かずにはいられませんが、我々現役メンバーもまた、松戸YEGの歴史の一部であるという矜持を抱き、次代へ存続させるための努力をしなければならないと強く自覚しなければなりません

今年度の松戸YEGのスローガンを、「Enhance the YEG for Next」としました。
ここには、今年度の活動を、諸先輩方が築き上げてこられた実績や成果から学びつつ、それを踏襲するだけでなく、新たな視点や考え方を加えて組織力や行動力をより高め、メンバー一人ひとりが誇りをもって活動し、松戸YEGを新たなステージに押し上げ、次の世代に繋げたいとの思いを込めました。

松戸YEGは、来年には創設30周年を迎えます。
30周年を迎えるために会を大きく発展させなければならない今年度こそ、組織を再構築し、メンバーの結束を強め、次の10年に繋がる強い松戸YEGを目指すきっかけとしなければなりません。

当面の間、我々の活動も様々な制約を受けることとなり、例年のとおりに委員会を開催して担当例会の準備を行い、例会を開催するということも難しくなることが予測されます。このような状況の下、YEG活動の意義を見失ってしまうこともあるかもしれません。
しかし、このようなときだからこそ、松戸YEGの真価を発揮すべきではないでしょうか。
既に大きな打撃を被った方もいらっしゃるでしょうし、今後もその数が増えていくことを想定する必要があります。メンバーにどのような影響が及んでいるのか情報を収集し、皆で悩みを共有し、助け合い、励まし合うことで、メンバー間の結束はより強くなり、松戸YEGをよりよい組織へと発展させることができると信じております。

現時点では予想のつかないこの一年間、皆様とともに松戸YEGの発展に全力を尽くしてまいりますので、どうかよろしくお願いいたします。

RELATED POSTS

Comments are disabled